ウエイクボードの始めはりは1980年代です。
自分たちが思っているほど、そんなに日は深くないのです。
ニュージーランドに行っていたときに、このスポーツを行なった人を見ました。
是非一度行なってみたかったのですが、そのときの計画に無かったので、やめることになりました。
私たちはいろいろな自然を通して、さまざまなスポーツをすることができます。
楽しみが無ければ自分で作ればいいのです。
子供のころはいつもそうして遊んでいました。
シーツが一枚あれば。
お化けと称して、友達や兄弟を追っかけて遊びました。
始まりはいつも唐突です。
その閃きを大切にしましょう。
昔は人生が60年でした。
その前や、発展途上国では未だに40歳のところもあります。
しかし今では80年間あります。
老後に何をしようか考えた時に健康でないとできないこともあります。
ウエイクボードは見ているよりも体力を使うスポーツです。
プロでも30分ほどで疲労感がきます。
一般は15分です。
老後を楽しむためにも、健康であり続けましょう。